魔王を倒すため伝説の剣を探す勇者の日記


by oredensetu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

第21章


いや、ナメクジみたいなモンスター倒したら
ナメクジみたいなアイテム手に入れちゃいまして!

ナメクジみたいに食べてみたら、

ナメクジみたいなうんちがいっぱい出てきちゃった!


うん!

止まらない!

ナメクジみたいな、人生です!
[PR]
# by oredensetu | 2008-09-02 11:10

第20章


先日遂にモンスター爺さんと会うことが出来ました!!

もうなんかもうすっごい筋肉で、モンスターかと思いましたよ!
じじいのくせに、モンスターかと思いましたよ!

モンスターかと思ったので、倒しちゃいましたよ!

モンスター爺さん、この世から居なくなっちゃいましたよ!!



ごめーん。
[PR]
# by oredensetu | 2008-08-30 20:13

第十九章


どうもどうもでーす!いやーひさしぶりっす!

実は今、迷いの森から携帯で更新してます(笑)

そうですね、もう2週間経ってますが、一向に出れそうにありません。
勇者なんでね、僕は、こんなことは言いたくはないんですけどね。

でも言わなきゃいけないときもあるしね。
ホントは言いたくないですけどね。でも言っちゃおうかな!
切羽詰ってるからね!もう、食料も尽きたし!

助けて!!助けて、ほんとの勇者様!
[PR]
# by oredensetu | 2008-08-03 22:01

第十八章


勇者ってのは魔法を使えなきゃいけないということで、
今すっごい練習してま~す!!

でもこれがなかなかムズかしんだよね。
さすがの勇者でも魔法ってのは苦手だなぁ~。

とりあえずまずはミスターマリック先生のオフィシャル本を見ながらがんばって見ます!
[PR]
# by oredensetu | 2008-07-05 17:06

第十七章

お久しぶりです、勇者です!

いや~、このブログを更新するのも1年半ぶりぐらいですねぇ~。

実はですね、リアル充実、略してリア充と呼ばれる者になってまして。
もうっすんごい忙しくてパソコン触る暇がなかったんです。
なのでこんなに期間が空いてしまいました~。


どんな事をしていたかといいますと、
情報収集で他人の家に入ってタンスを漁っていましたら、

ポリスの方に捕まっちゃいまして!
懲役1年半のリアル充実!!



あははっ、あはははっ!前科一犯、あはははっ!!
前科一般の勇者!あはは!あははは!地球救っちゃうぞ、前科一般の勇者が!

・・・・アハハハ・・・・・・・・・・・・・・・ははは・・・・・・・・。
[PR]
# by oredensetu | 2008-07-04 19:18

第十六章

今日、学校の食堂でマヨネーズにあんかけをかけたものをおかずにご飯を食べました!!
おいしかった~!!

世界は平和だな~!!

って事で今は気分がルンルンです!!

だって、魔王なんか俺には関係ないからね。
魔王なんかいなそうだし、知ってるよ、いないよ、魔王なんて。
バッカじゃねぇの?いるわけねェじゃん!!



バタン!!

兵隊「て、敵の軍隊が責めてきました!!」









うそ~ん!!
[PR]
# by oredensetu | 2006-11-13 17:37

第十五章

遂に、ついにこの日が来ました!!
今さっき、伝説の剣を手に入れました!!

ありがとうございます、みなさんのおかげです!!

夢幻の森、やっとのことで最深部まで到達して、
やっと手に入れたこの剣、

ご覧下さい!!

例えば、目の前にあるあの大岩、それすらもたやすく切ってしまうこの切れ味!!

とりゃあ!!



ポキッ



・・・え?ポキ?・・・・えっ、ポキって・・・?え?え?
[PR]
# by oredensetu | 2006-11-08 18:41

第十四章

昨日が、今日が、そして明日が、僕に近づいては遠くへ行ってしまう。
過ぎた時間は取り戻せない。だけど、僕はついに手に入れた。

この「時の砂」さえあれば、どんな時でもちょっと前に戻ることが出来るんだ。

さぁ、お披露目しよう!!

これが時の・・・・・

え・・・・・これが・・・・・時の・・・・あれ・・・

あれ・・・・ない・・・。
え、カバンに入れたはずなのに・・・・・・え?うそ!?

うそ!?え・・・嘘!?え~ん!!え~~~ん!!
[PR]
# by oredensetu | 2006-10-25 20:11

第十三章

今日テレビを見てたら、不意に魔王の使いギルズサンドの野郎が出てたから、思わず叫んじゃった。「アイツはギルズサンドだ!!テレビの中の人たち、逃げろ~!!」って。そしたらそいつ、松木安太郎って名前のヤツだった。激似だったわ。
[PR]
# by oredensetu | 2006-09-28 22:06

第十二章

・・・・・?!

・・・、夢かぁ☆
[PR]
# by oredensetu | 2006-09-28 02:48